ホーム > 不振店対策

不振店に適切な対応をする事で、業績の回復を目指します

不振店対策について
不振店の対策
成長を続けるチェーン店でも、業態寿命や成長スピードに人材育成が追いつかない等の理由で、不振店が出現してしまう事があります。
不振店が出現した場合はまず、その原因を追究する必要があります。正確な原因を突きとめ、適切な対策を実行する事で、
業績の回復・継続的な成長が可能になります。
不振店対策概要
不振店対策概要
不振店対策のメリット
1、不振店の原因を把握し、SV施策や退店等の適切な対策をとる事ができます。
2、業態改善に向けて、必要な指標の優先順位を決定します。
3、立地、顧客満足度、競合分析結果をもとに、対象エリアに最適な業態を開発します。
不振店対策システムの価格
不振店対策には、既存店調査と調査データの分析が必要になります。
店舗数、出店エリア等により価格は異なりますのでお見積りはこちらからお問い合わせください。
不振店対策システム構築手順
1、既存店調査
不振店舗の要因を明確にするため、対象店舗の立地調査・顧客満足度調査を行います。
2、理論値との乖離分析
既存店の立地評価と売上との回帰分析を行い、売上の理論値を算出します。
立地からみた本来の売上を算出することで今後の対策を決定する指標にします。
3、NPS分析
NPS(Net Promoter Score)分析を用いることにより、一般的なアンケート項目では取得できなかった
「顧客の真の声」を分析する事が可能になります。
4、顧客満足度分析
業態に対する顧客の満足度調査を行います。項目を「満足項目」と「改善項目」に振り分け分析する事により、
効果的な業態改善が可能になります。
5、不振店の要因分析
縦軸に立地評価、横軸にオペレーション評価をとり、既存店のマトリクス分析を行います。
この分析により、店舗の不調の要因が立地によるものなのか、オペレーションによるものなのかを分類します。
6、不振店の対策
マトリクス分析結果から、不振店の対策を決定します。分析結果に応じて販促強化・SV強化・業態転換・閉店の
意思決定を行います。