ホーム > 出店戦略

収益の見込めるエリアを選定します

出店戦略
出店戦略について
出店戦略の必要性
店舗数を増やすために、出店枠を多く設定すると店舗間で商圏バッティングが発生します。
逆に、安全性を重視して出店枠を少なく設定すると出店機会が減少することになります。
多店舗展開を目指すチェーン店では適正な出店エリアを決定する出店戦略の立案が必要となります。
出店戦略概要
出店戦略概要
出店戦略システム構築のメリット
1、最適な出店エリアが設定できます。
2、店舗開発が効率化されます。
3、フランチャイズ加盟開発の出店計画資料として活用できます。
出店戦略システム構築の価格
出店戦略システム構築のためには、既存店調査と調査データの分析が必要になります。
店舗数、出店予定エリア等により価格は異なりますのでお見積りはこちらからお問い合わせください。
出店戦略システム構築手順
1、サンプル店舗の決定
出店戦略の策定にあたって、サンプルとなる店舗を選定します。
オペレーションと立地で足切り基準を設定し、問題のある店舗をサンプルから除外します。
2、商圏分析
既存店の売上と商圏の関係性を分析し、人口・従業者数・小売業販売額といった店舗が出店するために必要な商圏ポテンシャルを算出します。
3、業態分析
分析精度を高めるため、顧客の属性・来店範囲・来店頻度、競合店出店状況等の調査を行い、出店優先エリア決定のパラメーターとして使用します。
4、エリア毎の売上予測
既存店の売上と、商圏分析・業態分析結果から、統計解析手法を用いてエリア毎の売上予測値を算出します。
5、出店優先エリア決定
エリア毎の売上予測値から、出店優先エリアを決定します。
商圏がバッティングしないよう、適正な出店エリアを選定するため、多店舗展開が可能になります。