ホーム > 通行量・交通量調査 > 交通調査について
通行量・交通量調査

交通調査について


交通量調査や速度調査に代表される交通調査は、道路交通に関するあらゆる計画、施策策定の場面で必要な基本的な調査です。 その場面は様々ですが、道路計画、道路整備効果、交差点計画、道路交通安全計画、渋滞対策、交通情報計画、交通施設計画、 地域・地区計画、道路環境計画、交通規制・運用など列挙できます。 また、多様な施策の影響把握のために最近、各地で実施されている「社会実験」では、交通調査は不可欠のものです。
交通調査は、その調査自体が目的になることはありませんが、前述のような計画・施策立案の基本であり、 それら計画・施策実施の評価を行う上で重要な役割を果たします。 これらの場面における具体の交通調査の内容、項目は種々であり、調査結果はそれらの成果の判断に大きく影響します。 適切な調査を実施する上で、調査項目の設定や調査箇所、調査手法の選定は非常に重要であり、調査工程や調査費用に与える影響も多大です。
交通調査は、交通量調査に代表されるような調査をはじめとして、多くの人手を要する上、 調査員を臨時に雇用することも多く、関係者の安全にも細心の注意を払わなければなりません。 また、現場では予定、想定外のことが発生することも度々であり、予想されるトラブルの対策は調査の成否に大きく関係します。 そのような環境の中で調査を当初の目的どおりに実施し、交通調査の品質を確保し、所定内の調査費用で行うには計画段階から細心の準備が求められます。
交通調査を進めるには実務経験が非常に重要ですが、その専門的な技術については重視されてこなかったという面も否定できません。 また、交通調査の多くは、知られた一般的な調査であるため、容易な調査と見なされがちです。 そのため、交通計画、交通工学の専門知識が不足している専門外の担当者が調査を実施することも珍しいことではなく、 適切な方法で適切な項目を調査することついて吟味が不足してしまいがちです。 このようなことは、折角の交通調査がその目的に応えられない原因になります。
調査を適切かつ効率的に行うには、以下の点に留意する必要があります。
・場面が要求する交通調査項目が設定されていること
・過不足のない適切な調査規模で、かつ費用面で無駄がないこと
・調査準備、実施段階において配慮すべき事項が担当者に明示され、事前準備により事故などのトラブル発生を減らし、臨機に対応できること
・集計、解析をイメージして調査結果が現場で適宜チェックされ、ミスを防ぐこと