ホーム > 通行量・交通量調査 > 自動車類交通量調査
通行量・交通量調査

自動車類交通量調査


自動車類の交通量調査は、道路の計画や設計、交通の管理・運用等における最も基本的な調査事項であり、 「交通量調査」として単独に行われることが多くあります。 また、他の調査と同時に実施して、調査時の交通状況を示す基礎的な資料とすることも多く、調査の対象も交差点・単路部・分合流部・各種施設等と様々です。
調査には、調査対象地点付近の歩道上・横断歩道橋上・建築物の屋上等の交通状況が直接視認できる場所を確保して、 調査員等を配置して観測するのが基本であり、一般的な方法です。 ここでは最も一般的であり、かつ、他調査への応用が可能な信号交差点における自動車類交通量調査について、 人手(数取器)による調査観測を対象に計画・準備からデータの取りまとめまでについて述べます。