ホーム > 通行量・交通量調査 > 調査員の募集・確保・教育
通行量・交通量調査

調査員の募集・確保・教育


調査員の募集は、求人情報誌等により行うのが便利です。 また、大学等の学生課を通して募集を行う方法やシルバー人材センター、ハローワーク等を通して募集する方法もあります。
申込みは電話で受け付けるのが効率的です。 受付に際しては各人の連絡先のほか、予め定めた調査予備日にも参加可能か否かを確認し、事前の講習会の日時等必要事項も併せて通知します。
申込みの受付数は、当日の欠席者を考慮して定員の5~10%程度多く設定します。
申込み者の名簿を作成し、各人の連絡先やその他の必要事項も併せて記載します。
申込みを受け付けた者に対して事前に講習を行います。 講習は小規模な調査の場合は現地で行うこともできますが、 事前に調査員を一同に集めて行った方が調査当日における調査員の歩留まり(出席率)の面からも効果があります。
講習会では調査の目的の他、各人の担当と調査の方法の確認、集合場所と集合時刻の確認、 雨天や寒さに対して調査員各自が携行すべき装備(雨傘やレインコート、カイロなど)の徹底、その他の注意事項について説明します。 また、調査を実施するか否かを事前(多くの場合、前日)に、必ず問い合わせ確認するように徹底します。
なお、調査員等に対する報酬の渡し方についても事前に決めておきます(支払い日・場所・方法など)。