ホーム > 通行量・交通量調査 > 歩行者類交通量調査
通行量・交通量調査

歩行者類交通量調査


単路部歩道、横断歩道、歩道橋等の立体横断施設、商店、地下道・街のような施設への出入等が主な調査対象であり、 自動車類交通量調査と同時に行われることが多くあります。
調査の計画・準備から実施、データの取りまとめに至る一連の流れは「自動車類交通量調査」と同様であり、 調査手法は人手(数取器)による場合がほとんどですが、歩行者類の交通量調査特有なものもあります。