ホーム > 立地・マーケティング用語集

立地・マーケティング用語集  「な」


用語一覧
中食 / ナショナルブランド / ナショナルチェーン / 
中食
中食とは、持ち帰り弁当やそう菜等家庭外で調理された食品をそのまま食事として家庭内でとる食事形態を指す。家庭で素材から調理する意味の「内食」、レストランなど外出先で食事をする意味の「外食」との中間にある食事形態として、「中食」と呼ばれる。食品の形態から「主食的調理食品」と「副食的調理食品」に、提供サービスの形態から「テイクアウト(海外ではto goと呼ぶのが一般的)」、「デリバリーケータリング」などに分類することができる。保存性のある漬物、佃煮類、レトルト食品、カップ麺等は中食に含まれない。主食的調理食品には、弁当やおにぎり等の弁当類、サンドイッチやハンバーガー等の調理パン類、そばやうどん等の麺類がある。副食的調理食品には、サラダや煮物、焼き物、炒め物、あえ物、蒸し物、揚げ物等のそう菜類が含まれる。
ナショナルブランド
製造業者が所有管理するブランドのこと。プライベートブランドと対比して用いられる概念であり、NBと略されることも多い。また製造業者ブランドあるいは生産者ブランドといわれることもある。ナショナル・ブランドとは全国的なブランドという意味であり、製造業者のブランドはプライベート・ブランドと比べて全国的に流通・販売されることが多いため、このようによばれる。
ナショナルチェーン
文字どおりに訳せば「全国チェーン」、つまりは全国的に展開しているチェーン店のことである。家電メーカーや化粧品メーカー、さらには自動車メーカーなどの系列販売店もこれにあたる。しかし、チェーンストア(スーパーマーケット、コンビニエンスストア)の業界では、チェーンオペレーションのマネジメント単位を表わす重要な用語として厳密な定義を設けている。すなわち、ある地域に限定的に展開するチェーン群を「ローカルチェーン(local chain)」、そうしたローカルチェーンを複数もつ大地域のチェーン群を「リージョナルチェーン(regional chain)」といい、このリージョナルチェーンを複数以上もつ場合にのみ「ナショナルチェーン」と呼んでいる。